『愛と平和と自由と多様性の種を蒔く / Seedfolks of Love, Peace, Freedom and Diversity




#557 2024713

 

From Stuart and Masami NAGO to you

 

Aloha from Japan!

 

Hello, Seedfolks community!

Yes, that hello greeting is correct — we are on vacation in Japan! It has been 4 and 1/2 years since the last time we traveled together in Japan. On this trip, we set aside a two day stop over in Nara to meet new friends and reconnect with old ones.

 

 

It’s been a long time since we last saw Chizuko. She looks the same as the last time we met! Surprisingly, she recognized me even though my looks have changed. I have aged and my hair is long and growing back! Yes, you read that correctly — I’m sure she’ll post a picture.

 

 

Unfortunately, we didn’t have the time to meet with all of you on this trip. However, next year we intend to return Nara and Osaka. Hopefully, we can work it into our schedule to meet Seedfolks and share a little bit of Hawaii with all of you.

 

 

Until the next time — A hui hou!

 

 

 




#556 202476

 

木村直子からあなたへ

 

 

七月は鉄砲百合 三好達治

 

七月は鉄砲百合

烏揚羽がゆらりと来て

遠い昔を思わせる

 

七月はまた立葵 色とりどりの

また葡萄棚 蔭も明るい

彼方の丘の松林 松の香りに蟬の鳴く

 

こんな明るい空のもと

昔の人はどこへいったか

忘れたふりはしているが

 

風だから声はやまぬか

来ただけはどこやらへゆく

その道の上 七月のまっ昼ま

 

まてしばし

烏揚羽がゆらりと来て

艶な喪服をひるがえす

実家の庭に自生した百合 2024.6





#555 202476

 

ルミカからあなたへ

 

26回『難民・避難民の皆さんと進む20億キロメートル』の合計距離のご報告

 

5月・6月の距離のご報告をいただいた皆さん、ありがとうございました。今回は30人の皆さんから『7,309.017km』を「歩いた」「走った」「泳いだ」「自転車に乗った」とご報告をいただきました。第1回から第26回の総距離は『217,377.484km』になりました。

 

5月・6月のドネーション10,000円を国連UNHCR協会様にお送りし、難民・避難民の皆さんのためにご活用いただきます。

 

 

1~25回 210,068.467km

26回 7,309.017km

1~26回   217,377.484km

 

どんな暑い日も、クーラーをなるべく使わずに毎年夏を過ごしています。

 

この暑さを受け入れ、生きている今に感謝をしながら今年の夏も過ごそうと思っています。

 

体力や年齢や一人ひとりの状態・状況によっては、クーラーを使った方が良い場合もありますので、ご自身にあった形で過ごされるようになさって下さい。くれぐれもご無理のないようになさって下さい。

 

夏バテ対策に適度な運動も大事だと言いますが、体調に気を付けて素敵な夏をお過ごし下さい。

 

 

次回報告日は91日です。7月・8月の合計距離をご報告下さい。

 

◆参加者のお声

・北アフリカのLGBTQの背景を理由に母国から逃れてこられた方が日本で難民認定されて良かったです。

・無理せんように楽しんで歩かなね。歩けることに、まず感謝やね。

・暑いので、朝5時から毎日歩いています。

・雨があがった後に歩いていると、緑の葉っぱに水のしずくがキラキラしている光景がきれいでした。

・難民・避難民の皆さんが安全な場所でゆっくり心身を休められますように。

・夫婦で一緒に歩ける時間を大事にしたいと思います。

・暑くてからだがしんどい時には、無理をしないようにします。

 

 


プロフィール:スポーツトレーナー、blue earth green trees難民・避難民の皆さんと進むプロジェクトリーダー

種を蒔く:#538. 524. 507. 496. 487. 466. 410. 386. 367. 339. 316. 288. 264. 255. 214. 201. 190. 181. 168. 154. 140. 126




#554 2024630

 

矢倉真由子からあなたへ/From Mayuko YAKURA to you

 

子どもたちが好奇心を持って、安心できる環境で学んで欲しいと日々願っています。

学校での出来事を話してくれる日もあれば、そうでない日もあり、子どもたちの様子を見て想像するしかありません。子どもたちもまた、親の様子を見て様々な感情を抱くことでしょう。親子ともに時には悩み葛藤しながらも、互いを思う気持ちに支えられながら、成長を続けているのだろうと思います。子どもたちが自分で見つけていく道に、親はそっと伴走しながら、そして子どもはその空気を感じながら、共に前に進めるとよいなと思います。

 

Every day, we hope that our children are curious and learn in a safe environment.

They sometimes let us know what happened at school and we, parents imagine what they're doing.  Children also have various feelings when they look at their parents and how they are.  I think that while both parents and children may sometimes have worries and conflicts, they continue to grow, supported by their trust for each other.

May parents gently support their children to find their own paths, and may children feel as they are.

 

プロフィール:blue earth green trees子育てカフェ・プロジェクトリーダー

種を蒔く:#542,528,513,504,492,484,477,465,448,436,425,405,398,392,380, 369, 353, 341, 325, 314, 299, 290, 276, 246, 240, 229, 216, 208, 194, 114, 108, 94, 51, 3

 

 




#553 2024622

 

芳島昭一からあなたへ

 

平素より大変お世話になっております。

国連UNHCR協会の芳島です。

 

報道等ですでにご存じのことと思いますが、最新の統計がUNHCRより発表となり、2023年末時点で、紛争や迫害などにより故郷を追われた人の数は11,730万人。

20245月時点で日本の人口に匹敵する12,000万人に達しました。

https://www.unhcr.org/jp/global_trends_2023

 

UNHCRは、拡大する人道危機において、困難を乗り越え生き抜く人々を助け、迫害や紛争の根を断つために活動を拡充しております。

 

UNHCRの難民支援は、緊急支援から避難先において人権を守り、再び安心で安全な生活と未来を切り拓けるように、様々なアプローチを続けております。

 

この危機的な状況を打開するために、ひきつづき皆様方のあたたかいお力添えをお願いできれば幸甚でございます。

 

620日は「世界難民の日」ということもあり、同日の前後には世界中はもとより、日本国内でも様々なイベントが開催されました。

 

~~~~~~~~~~~~

1.世界難民の日・特別上映イベント「難民アスリート、逆境からの挑戦」

「世界難民の日2024」に際し、東京2020オリンピック競技大会に出場した「難民選手団」の勇気と希望に光をあてたドキュメンタリーを特別上映しました。

日本初公開となる本作は、紛争や迫害により故郷を追われた彼らが、スポーツとともに逆境から這い上がるその姿と信念に心を揺さぶられる感動の作品であり、

世界中で1億人を超える難民への希望のメッセージです。

パリ2024オリンピック競技大会に、36名の難民アスリートによる「難民選手団」が出場することが発表されました。

https://olympics.com/ja/news/ioc-refugee-olympic-team-paris-2024-announced-formed-of-36-athletes?fbclid=IwZXh0bgNhZW0CMTAAAR1NlXLcuO0lF_Bk8H10v86cqRI3Kp6ohCyvKFLPlveyYEhtlqRq6UXlE7s_aem_ZmFrZWR1bW15MTZieXRlcw

 

彼らの勇気を称え、日本からも大きな声援を送りませんか。

 

【オンライン開催】2024620日(木)~630日(日)

 

参加

●要事前申し込み(630日(日)2000まで受付)

●(A)寄付つき鑑賞(1000円、2000円、5000円、10000円)、または、(B)無料鑑賞、から選択してお申込みください。

本イベントは、企業・団体・個人の皆様のご寄付やご協力によって運営されていますので、寄付つき鑑賞にご協力いただければ幸いです。

将来を担う若年層の方たちが参加しやすいように、無料鑑賞の選択肢を設けています。

※上記寄付は匿名寄付として取り扱い、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)とOlympic Refugee Foundation(オリンピック難民財団)の活動に半々ずつ役立てられます。

 

詳細・お申込み

 

公式ウェブサイトの申込みボタンよりお願いします。

https://www.japanforunhcr.org/how-to-help/rff

 

【主催】国連UNHCR協会

【協力】国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所

【後援】公益財団法人 日本オリンピック委員会(JOC

【イベント協賛】株式会社ファーストリテイリング、東宝株式会社、TOHOシネマズ株式会社、TOHOマーケティング株式会社

【プロジェクト協力】日本映像翻訳アカデミー株式会社、Peatix Japan株式会社、株式会社フェイス 

 

 

2.「なんみんとつながるDays 2024Day2:聴いてつながる、共に歩む

難民問題を自分事として捉えるきっかけとなるオンラインイベントです。

第一部では、難民の背景を持つ方や国連職員、難民支援に携わる方をお招きし、パネルトークを開催します。

第二部では、なんみんに関わる活動を行う学生団体との交流を行います。

詳細:https://youthwithrefugees.wixsite.com/youthwithrefugees/wrd2024

日時:623日(日)14:3017:10

形態:第一部 14:3016:10、第二部 16:2017:10

場所:オンライン開催(zoom

申込:事前申込(人数制限なし、第一部だけの参加も可)

費用:無料

詳細:https://youthwithrefugees.wixsite.com/youthwithrefugees/wrd2024

【 主催 】ユースなんみんプラットフォーム(YRP

【 協力 】UNHCR駐日事務所、国連UNHCR協会

 

 

3.2024年「世界難民の日」ブルーライトアップ

世界難民の日 は日本各地がブルーに!

620日の世界難民の日に合わせて、全国59カ所のランドマークがUNHCRブルーにライトアップされます。

ハッシュタグ「 #難民とともに 」を付けて写真を投稿し、支援の輪を広げるアクションに参加しませんか?

詳細はこちら

https://www.unhcr.org/jp/wrd2024-blue-light-up

~~~~~~~~~~~

 

 

以上、主なイベントとなりますが、随時様々なイベントや映画上映会については、以下に掲載されてまいりますので、ぜひこちらもご参照くださいませ。

https://www.unhcr.org/jp/wrd2024

 

https://www.japanforunhcr.org/how-to-help/rff-partners

 

 

 

チラシデータについては、以下よりダウンロードいただけますので、ご活用いただけますと幸いです。

リンク:https://link.directcloud.jp/S1xuJXnFmD

PWQABH8Z9Z

(リンク期限:2024-06-26

 

 

また、講演・出張授業も通年で承っておりますので、ぜひご検討いただけますと有難く存じます。

https://www.japanforunhcr.org/news/2017/lectures

 

ひきつづきよろしくお願い申し上げます。

 

プロフィール:国連UNHCR協会職員

種を蒔く:#527. 517. 498. 489. 469. 451. 432. 414. 391. 379. 345. 333. 322. 308. 293. 269. 258. 245. 238. 217. 203. 192. 183. 172. 162. 141. 127




#552 2024622

 

竹田一義よりあなたへ

 

奈良市立若草中学校の探求学習に講師としてお招き頂きました。

 

探求学習とは、学習者自身が興味を持つテーマについて問いをたてて問題解決に向けて進めていく学習方法だと言われています。

 

若草中学校の校舎は若草山や東大寺大仏殿を望む多聞城跡の高台にあり、素晴らしい景色が広がっていました。

 

校舎に入ると、廊下で会う生徒様から元気な挨拶。

 

教室では皆様、着席して私たちを迎え入れてくれました。

 

本日は私と一緒に絵本作家並びに一般社団法人いろどりあつめとして活動している妻の理恵と一緒に参加させて頂きました。

 

探求学習講師としての1日目は私たちが生徒様らに自己紹介と事業プレゼンを聞いて頂きます。

 

私たちがなぜ絵本を描き始めたのか、なぜ不登校や若者の自己肯定感の低下といった社会課題に取り組んでいるのか、絵本づくりの魅力とともにお話させて頂きました。

 

生徒様らは最後まで真剣に私たちの話を聴いてくれました。

 

廊下での元気な子どもらしい挨拶とこうした学びへの真摯な姿勢は、若草中学校の豊かな校風からきているのではないかと感じました。

 

質疑応答では、絵本のつくり方やプレゼン方法についてなど鋭い質問をして頂きました。

 

さらに私たち夫婦の馴れ初めなども聞かれ、予想外の質問にあたふたしてしまいました。

 

こうして生徒様らとの初の対面は無事に終了。 その後は、校長室で小山校長先生らとディスカッションをして頂きました。

 

小山校長先生の子ども教育の知見、 教育への情熱と行動力が本当に凄くて、その言葉のひとつひとつが勉強になりました。

 

今日一日で感じたこと、質問など的確に答えて頂きました。

 

その後は、今回の素晴らしい場をつくって下さった東口千津子様と、 同じ講師として招かれていた栗田佳典様、多和実月様とともに喫茶店へ。

 

東口様のこれまでの活動が多くの種となり大きな木になって広がっていっていることに、感銘を受けました。

 

また、栗田様や多和様、同じ社会起業家の方々とお話できて本当に勉強になり、新しい力も湧いてきました。

 

 

「種を蒔く」この素晴らしい場で再び文章を書かせて頂いたことに感謝します。

 

まだまだ小さな活動の私たちですが、皆様のお力添えを頂き、芽を出せるように頑張りたいと思います。

 

暑い日が続いております。皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

 

プロフィール:一般社団法人いろどりあつめ代表理事

種を蒔く:#521

 

公式ブログ https://irodoriatsume.com/

Instagram   https://www.instagram.com/irodoriatsume/

X                   https://twitter.com/irodoriatsume/

note    https://note.com/irodoriatsume/

_____________________

 

 




#551 2024622

 

栗田佳典からあなたへ

 

東口さんからお声掛けをいただき、ゲストスピーカーとして、若草中学校さんに行ってきました。

 

スピーチの内容だけでなく、プレゼンテーションの仕方も学ぶ主旨でもあり、熱心にメモを取りながら話を聞いてくださる姿

 

スライドを映しつつも、講師の私を見て話を聞いてくださる姿を通して心で聴くということがしっかりと定着している生徒さん達でとても話し甲斐がありました。

 

15分の話のあとには質疑応答もあり、

・海外と日本、どちらが平和だと思うか、

・海外支援とは具体的に何か

NGOの活動には制限があるのか、活動の難しさはどんなところか

など、それぞれの考えとともに質問をしてくださいました。

 

中・高生のときに、どれだけの大人に出逢い、価値観に触れることができるかで物事に対する考え方やその後の選択肢が大きく変わると私は思います。

 

私自身の経験を通じて、国際協力という仕事を知っていただき平和のために仕事をするという価値観を持った大人もいるのだと実感してもらえたら嬉しいです。

 

また、遠い国で起きている関係ない問題ではなく、日本からできることが多くあることをお伝えしました。

 

微力ではあるが、無力ではない。この言葉を胸に、自分の周りから平和への一歩を踏み出していってほしいと願っています。

 

今後は生徒さんの発表をお聞きし、フィードバックをする機会をいただけるとのこと。

 

心をこめて、最後まで伴走をしていきたいと思います。

 

プロフィール:特定非営利活動法人関西NGO協議会事務局長・理事

 

 

2023617日開催:『第21回種を蒔く人のお話を聴く会/Listening to Seedfolks~関西NGO協議会栗田佳典さん』のご報告